運輸安全マネジメントの取り組み

重大な事故及び、死亡事故をゼロに!

山岡産輸では運輸安全マネジメント・ISO39001の取得を目指し、安全への意識強化・改善に繋げていきます。

 

 国土交通省によれば、トラック事業者の死傷事故件数は、事業者全体で約1 割減少したのに対して、運輸安全マネジメント制度の適用対象である事業者では約3 割減少してきているのだそうです。運輸安全マネジメント制度の導入から10 年、その効果は確実なものとなりました。当社でも日々安全に対する注意喚起を行い、重大事故の防止に努めてまいりましたが、構内事故による物損事故は一向になくなりません。事故者からのヒアリングから様々な理由があげられますが、どれも完全に防ぐことの出来た安易な事故でした。時間を急ぐあまり、仕事を終えた安堵感から、ついいい加減な安全確認をしてしまっているのです。あとから考えれば、重大事故のほとんどは、ほんの数秒の確認を怠った為に起こるのです。

 事故なく安全に荷物を届けることは企業としての責務であり、ISO39001への新たな取り組みは、社会的責任を負う企業としてお客様からの信頼も得ることにも繋がります。