山岡産輸中部営業所 30年度安全大会

平成29年7月31日

加藤グループ、山岡産輸中部営業所、小牧車庫の全ドライバーの安全を祈り、ひとりひとりが安全を意識しながら防衛運転に勤め、この大会に参加することにより自ら安全知識について熟知するように・・・原所長の開催宣言により中部営業所の安全大会が開催されました。

佐川急便路線管理課・大野係長より

有償にてお客様の荷物を運んでいる運送会社の責任とプロドライバーの責任において、毎日繰り返し行う『点呼』については面倒がらずにしっかりと双方で確認しあうことが大切であるとの事。同様に、道具をきれいに丁寧に使用し車両の美化・車内の整理と清掃に努めること。

丁寧な行動が運転の丁寧さに繋がるということを気持ち良く実践する前向きな考え方だと思いました。

渡辺顧問より

ライフスタイルが様変わりする中、労働時間の改善を図り、人材を育成し、時代に合った雇用形態を取り入れなければ今後業界で生き残っていくことはできない。時間削減の為に積み込み人員の育成も必要、高齢化する労働力を高校生の雇用を視野にいれ求人活動も行っていくとのこと。

周囲から「山岡いいよね!」そう言われる会社にする為に頑張っていこう。中部22名、参加の社員に奮起を促すメッセージでした。